「72+41=10013」?

72+41=10013?

答えは「ひゃくじゅうさん」と分かっていても「書き方」が分からない発達障害の子の回答です。

「100(ひゃく)13(じゅうさん)」と書いているんですね。

この場合、「解き方」「答え」は分かっているのに「書き方」が分からないから、学校のテストでは「不正解」になってしまう。

オーバーワークな先生方の負担はこれ以上増やせませんが、子どもたち一人ひとりのニーズに合わせた教育「ラーニング・ダイバーシティ(学びの多様性)」の考えが広がってくれれば・・。